相性にいい相手の見つけ方について

例えば出会アプリで、身体の相性のいい相手を見つけたい。
そう思ってもネットを介したやり取りでは、身体の相性まで分かるでしょうか?
当然実際にセックスしないと分からない。
だからメールでお互いの事を知る前に、一度さっさとセックスをして身体の相性を確かめる方が効率的。
そんなふうに思う人もいるかもしれません。

確かにそれは一理あるのかもしれません。
ですが、じゃあ、会える距離に住んでいる相手なら誰でもいいのでしょうか?
身体の相性のいい相手が見つかるまで片っ端から会ってセックスを試してみるのでしょうか?
それでは身体の相性のいい相手を見つけるまでに、不特定多数の相手とセックスをしなければいけません。
それはあまり賢いやり方とは言えませんよね。リスクが多きすぎます。

そのため、身体の相性が分からなくても、セックスの好みについて事前に確認しておいたらどうでしょうか?
あなたがどんなセックスが好きなのか、どんな要望を持っているのか?
それってエッチな話?
いきなりエッチな話を振ってくる男性なんてと嫌われてしまいそう・・・・と男性は思ってしまうかもしれません。
第一声でエッチな話題を振ってくれば女性は引くでしょう。
しかしセフレを探す上で、どんなセックスを望んでいるのかは知っておくべきです。
なぜならお互いに望んでいるセックスがかけ離れたものであれば、身体の相性云々の前に性癖上の問題があるかもしれませんよね。
そのため絶対に相入れない相手とは会わないというふうに、誰でもいいのではなく、除外する人も作る事が大切です。
なので会う前にエッチの話をしましょう。

出会アプリは目的別に細分化されている

出会いと一言でいっても、みんなが同じ出会いを求めているわけではありません。
気軽にセックスが出来る相手が欲しいのか、それとも真剣に結婚を前提にした付き合いがしたいのか?
これらの出会いは目的が全く真逆です。
同じサイトでこの目的の人が出会ったとしても、上手くいくはずがなくそのやり取りは時間の無駄です。

目的が同じ相手なら、効率よく出会う事が出来るというわけです。
そのため恋人募集のサイト、婚活目的のサイト、セフレサイト・・・・などなど多種多様な出逢いアプリが存在します。
例えば割り切ったセックスをしたいと思ってもセフレサイトだけではありません。

不倫サイトも結局のところ、愛のある不倫なんて修羅場に発展するだけです。
お互いに秘密を共有できる、割り切った関係という意味ではセフレサイトも不倫サイトも同じなのです。
ただセフレを作る人の中にはセフレを作る事に抵抗がなくても、不倫をするには抵抗がある人もいます。
何に対してモラルを感じるのかは人それぞれなので、既婚者である、もしくは独身だけど人妻とセフレになりたいという場合は不倫サイトを利用するといいでしょう。

またセフレが欲しいと思っても、実際に会うにはいろいろリスクがあって不安。
そんな人にはテレフォンセックスをする相手を探す出合いアプリまで存在します。
他にも特殊な性癖の持ち主であれば、セフレサイトでもなかなか同じ性癖の持ち主が見つからないかもしれません。
そのため最初から特殊な性癖の持ち主ばかりが集まる出会アプリを利用すればいいでしょう。
細分化された出会えるアプリの中でも、さらに細分化されたジャンルがあるため、目的に合わせたサイトを選びましょう。

結婚をする前にセフレと

結婚は年貢の納め時なんて言葉もあります。
もちろん最近は不倫をする人も増えていますが、不倫が原因で離婚になったり、評判を落としたりしている人もいます。
つまり既婚者でセフレを作る事にはリスクがあると言えるでしょう。

そのためやはり気分的には独身の間に遊んでおきたいという人も少なくありません。
そんな結婚前の25歳の女性のセフレ体験談です。
彼女は同僚が次々と寿退社で辞めてしまい、25歳ですでにお局様に近いづています。
今付き合っている恋人がいるので、もう少ししたらその恋人と結婚する事になるんだろうな・・・・と考えています。

もちろん結婚に対して不満があるわけではありません。
ですが、恋人とはすでに3年付き合っていて、もう家族のな関係で一緒にいて落ち着きますが、ドキドキする事はありません。
セックスに関しても、最近はほとんどしなくなってしまいました。
これで結婚をすれば、妊娠するためにセックスをするようになるかもしれませんが、それだってセックスを楽しむためではありません。

結婚前にもっと刺激的なセックスをしておきたいと思うようになったのです。
そこでセフレを作るために出会えるアプリに登録しました。
セフレですから、あまり相手にいろいろと求めるつもりもありません。
なので家から近くて会いやすい相手を選びました。
すると偶然ですが、相手も恋人がいて、恋人と結婚を考えているけれど、結婚前に遊びたい。
そんな気持ちでセフレを作りたいと思ったそうです。

目的が似ている事もあり、お互いに都合がいいと感じたんでしょうね。
そのままホテルへ行ってセックスをしました。久しぶりに恋人以外の男性とセックスをしたので刺激的でした。

最悪なセフレ

ある女性のセフレ体験談です。
女性が付き合った相手は今思えば最低のセフレだったと断言出来ます。
どういう男性だったのかというと、マザコンの一言につきます。

最初知り合った時には、男性の経歴から、素晴らしい男性でセフレではなく、結婚を意識した時もありました。
東京大学を卒業していて、国家公務員の第一種を合格しているキャリアです。
公務員で高給とりですから、こんな男性と結婚したら将来は安泰ですよね。

女性は今の職場が嫌で早く辞めたいと思っていたので、寿退社を夢見ていたのです。
しかし男性の家に遊びにいった時に、とても気になる事がありました。
まず男性の部屋をみてびっくり、まるで受験生のような部屋だったのです。

もちろん生涯勉強は必要なのかもしれませんが、社会人になってもこんなに勉強し続けないといけないの?
この人何が楽しくて生きているんだろう?仕事が出来るのではなく、ただのがり勉なのかもしれない。
そんなふうに思ったのです。
さらに食卓で、男性の母親から、「○○とはいいお友達でいてあげてね、結婚相手はいいところのお嬢さんと」
なんて失礼な事を言われたのです。当然男性は母親の失言をとがめたりなんてしません。
この人マザコンなんだ・・・・と確信しました。

その段階では別れるかどうか悩んでいる状態でしたが、別れが決定的になったのは男性が逃げた事が原因です。
屋上でエッチな事をしている最中に、清掃の人に見つかってしまい、男性は1人で逃げてしまったのです。
もうこんな人とは結婚出来ない、とその日に別れる事にしました。
セフレにしろ、結婚相手にしろ条件だけではなく、相手の人柄が重要だと実感しました。

発言には気を付けて物申そう!

セフレは今や存在の欠かせないものと変わってしまっています。
若いこにとっては、セフレがいないと無理!なんていう人も。

また、彼氏とちょっと喧嘩して別れるってなった時んい「あいつは彼氏じゃない!セフレだ」という人もいるぐらいですからね・・・。
それだけセフレが浸透しているのは事実でしょう。

作る事は全然かまいません。
しかしセフレの知識をまったく身に着けずにインターネットを使って探すと失敗する上に作らなきゃよかったと思ってしまう可能性もあります。
セフレはセックスをします。

だからといって簡単にやらせてくれるんでしょう?と相手に話をもちかけると「こいつ何様だよ」「エッチしたいのはわかるけど言い方ってものがあるだろう」とキレられます。
だからセフレとはいえど、簡単にやらせてくれる相手とわかっていてもスルーするべきです。

そういう発言には気を付けて相手と親しくなってくださいね。
親しくならなければ、セフレになるのはまず無理です。

自分が男性で相手が女性の場合は、女性を傷つけないように努力してください。
女性というのは傷つきやすいので、些細な発言が相手を傷つけてセフレになれない上に、自分の人気度も下がってしまいます。

セフレはゲーム感覚で付き合えます。
でもそれを相手にゲームだからと伝えないようしてくださいね。
大人ならどういう言葉を言えば人は傷ついて、どういう言葉を使えば喜んでくれるのかある程度わかっていると思います。

だから、うまくいけば、成功し、どんどんセフレを作っていく事ができるでしょう。
関係は長くなればなるほどリスクがあります。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.